こんにちは!ナタデココ(@igottabeamacho)です。

今年度新入社員の後輩ができたのですが、その後輩の革靴があまりに汚かったんですよ。

やはりオシャレは靴からと言うように、案外靴って見られてるものです。

そこで後輩に勧めた革靴ブランドがこれ!『ケンフォード』です。

このケンフォードはリーガルのブランドのひとつで、弟分のような位置付けになってます。

私も愛用しているのですが、新入社員にも大いに勧めたい理由を3つまとめたのでご紹介します!

めちゃめちゃ安い!

リーガルになどの有名ブランドの革靴は皮は最高級で何年も使えるように作られていますが、価格は平均3万円。

安くても2万5千円からと新入社員にはなかなかハードルが高いです。

一方、ケンフォードはセメント製法という大量生産が可能な作りになっており

1万円以下からとお手頃価格。

確かに、これより安い革靴は山のようにあります。

私もネット通販などで買い漁りましたが、どれも安かろう悪かろうでした。

特に安いものはソールのつくりが貧相で足にモロに衝撃が伝わり、疲れやすくなります。3足くらいは疲れすぎて捨てました泣

何かと気苦労の多い新入社員には作りのシッカリしたソールでよけいな疲れは感じて欲しくないですね。

作りが良い

リーガルの派生ブランドということもあり縫製のレベルは最高なレベルです。

革は本革で、激安ブランドの合皮と並べると違いは一目瞭然。

日本製ということもあり、日本人の足にぴったりフィットするように作られています。

また、日本人の足は幅広の傾向があることからケンフォードのラスト(靴型)は幅広のものが多いそうですよ。

実際に履いてみた感想として、かかとのフィット感がとてもいいです。

ぴったりフィットするけど、靴ズレなどが起きないよう工夫がされているようです。

靴磨き入門に最適

ピカピカの靴って最高にかっこ良くないですか?

でも靴磨きってどうやるの?間違った方法で靴がダメになったらどうしよう…

そう思いませんか?僕は思いました笑

そこでこのケンフォードならそこそこの値段で革の質もいい。

この靴で靴みがきのいろはを学んでリーガルなどの一級品にレベルアップする。

そして、学んだケア方法で最高の状態をずっと維持させる。

これが1番効率的で建設的だと思うんですよね。

まとめ

革靴ってなんというか物言えぬ魅力を持っていると思うんですよね。

あのツヤ感とか、外車を愛でる男とかってこんな気持ちなんだろうなって思います笑

ただやはり新人時代はお金がないと思うので、コスパ最強のケンフォードから始めるのが最適解かと思います。

リーガルは少し余裕が出来てからでも十分です。

ただ、安さばかり求めると僕みたいに損するので気をつけてくださいね!